8月(葉月)の養生法 ~健康に過ごすために

二十四節気

《二十四節気》 ~ 立秋(7日)~ 処暑(23日)~

 

・立秋:夏至と秋分の中間。この日より暑くても残暑と呼ぶ。「秋立つ」と言われ朝晩の風がやや涼しくなる頃。

・処暑:暑さが終わる頃で、秋の台風がやってくる時期にあたる。昼はまだ暑いが、やや秋めいてくる。

 

 

まだまだ猛暑が続く頃ではありますが、6月末の夏至に比べると、日の出も遅くなり梅雨の湿気も去り、若干風に秋っぽさを感じることができます。

日中はまだ蝉も鳴いていますが、夕方には虫の鳴き声も楽しめる頃です。そして秋の台風シーズンへと突入していきます。

 

どこの家庭でもエアコンがフル稼働し、室外機の熱風で夜でも都心部は気温が下がらず、寝苦しいとともに、エアコンをつけたまま寝ることによる身体への影響がでてきます。

夏カゼやこむら返り、寝違いや全身倦怠感などが増えるのが特徴です。

 

エアコンをつけての就寝はしょうがないですが、日中に1度は汗をかくようにし、身体の内側に熱がこもらないようにし、しっかりとミネラル分を摂取するように心がけましょう。

エアコンの中での座業は冬以上に足を冷やしますので、家ではシャワーではなくお湯に浸かることをおすすめします。夏の冷えは想像以上にやっかいなものです。

 

東洋思想の考え

 

東洋思想では、秋-肺-鼻-皮膚-乾燥-辛-悲-憂-白……と関係が深いと言われます。

 

秋の五味は「辛」です。辛味はむやみに摂りすぎると肺を傷めますので、元々辛いのが好きな方は気を付けてください。

食養生

 

7月に続き、夏野菜も活躍します。特に暑い時に外で食べるスイカは格別です。

この季節の辛味はピーマンやシシトウです。やはり辛味の旬である唐辛子を刻んで入れてオリーブオイルパスタにしたり、天ぷらにしても美味しくいただけます。ピーマンの匂いの元はビラジンと言い、血液サラサラ効果があるとされます。

 

夏が収穫のピークであるカボチャは、陰でも陽でもない身体にやさしい食品です。カロチンなど栄養が豊富ですが、保存すると甘みを増すという特殊な野菜ですので、収穫後10日以上経ったものを目安に食卓にのせましょう。冬至に食べても大丈夫なくらいですからね。

 

果物では、食物繊維や抗酸化物質アントシアニンたっぷりのイチジク、カテキンやペクチンが豊富な桃が旬となります。ブドウは皮に抗酸化物質を豊富に含んでいますが、農薬も大量に使用しているので、生食は栄養的にはお勧めしません。

 

魚はトビウオやカンパチ、ブリに出世する前の若魚が旬となります。

 

この時期は、暑いからと言って故意に冷やしたものばかり食すのはよくありません。夏が旬のもの自体も体を冷やす作用がありますので、必要以上に冷やさないよう気を付けましょう。

 

エアコンと食べ物で体の表面も内側も冷やしてしまっては、健康が崩れるのは必至です。アウトドア以外では、飲み物もホットにすることをお勧めいたします。