1月(睦月)の養生法 ~健康に過ごすために

《24節気》 ~ 小寒(6日)~ 大寒(20日)~

 

・小寒:寒の入りを迎えて寒さが厳しくなる頃。

・大寒:1年で1番寒さが厳しい頃。

 

小寒で冬の寒さは本格的となり、大寒の頃から最も厳しくなります。

年末の忘年会などでの暴飲暴食やお正月の食っちゃ寝で、1月は胃腸もかなり疲れており、胃もたれや胃のむかつき、体のだるさなどの症状が出てくる頃でもあります。しっかりと養生しないと、胃腸障害や糖尿、痛風予備軍となってしまいますので気をつけましょう。

 

この時期の食養生は、何はともあれ「少食」にすることです。松の内最後の日の7日に「七草粥」を食べるという風習が昔からありますが、年末年始で疲弊した胃腸をお粥で労わる、という意味合いもあります。脂身が多いものや肉類、酸化した油で揚げたもの、大量の炭水化物などは避け、胃腸が喜ぶものを選んで食すようにしましょう。

 

東洋思想では、冬-腎-耳-髪-骨-寒-塩-黒……と関係が深いと言われます。

 

五味では、腎のために塩味をしっかり摂りましょう。身体を温める効果もあります。塩は天日干しの本物の塩を選べば血圧への心配もありません。しかし摂り過ぎはなんでも禁物、適度においしさを感じる程度にしておきましょう。そこに酸味と苦味が加われば、この時期にベストな組み合わせとなります。

 

食べ物では、保存食でもある漬物はこの時期には欠かせなく最適なものです。冬野菜を浸けることで身体を温める効果もあり、発酵による酸味も摂れます。カブの葉は苦味に分類されますので、カブを漬けるとよいでしょう。そこへ料亭で出て来るように、苦味であるユズやスダチの皮を添えるのも乙な感じです。

 

この時期は寒さと乾燥でウィルスも活性しますので、インフルエンザにかからないよう免疫力を上げることがとても大事です。それには、ビタミンCとビタミンDを効率よく摂ることが必要ですので、旬のミカンやリンゴを食べ、ビタミンDを合成してくれる日光浴も積極的にしましょう。

 

さて、大寒の約3日前から節分までの約18日間が冬の土用となります。冬の土用は、冬から春への季節の変わり目となり、自然界も春の準備が始まります。土用は甘味となり、それに塩味を加えると良いです。

冬の甘みと言えば「甘酒」。酒粕に少々の塩を加えると、スイカのように甘味が引き立ちます。甘酒は市販のものですと白砂糖がたっぷり入っていることがありますので、米麹を買ってきてヨーグルトメーカーや炊飯器を使用すると簡単に作れますのでお試しください。

 

最後に春の七草について調べましたので参考にしてください。日本の良き文化です。

 

春の七草「松の内」最後の日に当たる1月7日

江戸時代に「人日の節句」(七草の節句)として五節句のひとつに定められた。五節句は、1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽の5つ。

人日とは 「人の日」という意味。前漢の時代の中国では、元日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日に穀を占って新年の運勢をみていた。それぞれの日には、その動物を殺さないこととされており、1月7日の人の日は「人を殺めない」、つまり犯罪者に対する刑罰が行われない日となっていた。

さらに唐の時代には、この日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになった。羹は熱いものという意味で熱い汁のことを指し、「羹に懲りて膾(なます)を吹く」ということわざもある。また、その時代には官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に七種菜羹を食べ、立身出世を願ったと言われている。

これらの風習が奈良時代に日本へ伝わると、年のはじめに雪の間から芽を出した若菜を摘む「若菜摘み」という風習(百人一首にもうたわれており、新春に若菜を食べると邪気を払って病気が退散する)や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習などと結びつき、「七草粥」に変化していったと言われる。

そして、江戸時代に五節句のひとつに定められると、人々の間に定着していった。現代では、お正月の暴飲暴食で疲れきった胃腸をいたわり、野菜不足を補い栄養補給をするという意味合いが強く、それと同時に新年の無病息災を願うようなっている。

 

・菘(すずな):「神を呼ぶ鈴」 ~蕪(かぶ)のこと。ビタミン類が豊富。

・蘿蔔(すずしろ):「汚れのない清白」 ~大根の古称。消化を助け、風邪の予防にもなる。

・芹(せり):「競り勝つ」 ~香りがよく食欲が増す。

・薺(なずな):「撫でて汚れを除く」 ~ペンペン草のこと。江戸時代には普通に食していた。

・御形(ごぎょう):「仏体」 ~母子草とも。草餅の元祖で風邪予防や解熱に効果あり。

・繁縷(はこべら):「繁栄がはびこる(べら=群がる)」 ~腹痛の薬に使用していた。

・仏の座(ほとけのざ):「仏の安座」 ~別名タビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維豊富。

※菘と蘿蔔は葉の部分を、薺は花芽を持つ前の若芽を使用する。

 

仕事スタートと同時に、無病息災・立身出世を願いながら七草粥を食べ、胃腸を労わり素敵で充実した1年にしましょう!