プチ断食のススメ

「満腹が原因の病気は空腹によって治る。月に一度断食をすれば病気にならない。」

 

医学の祖、西洋医学の父と言われるヒポクラテスの言葉です。古代のギリシャで既にこの考えを持っていました。

 

断食療法とは、普段とは違った代謝性の変化を体内で起こし、強いストレスを体に加える事によって脳に働きかけ、ホメオスタシス(恒常性)を引き起こし、身体を正常に戻すという療法です。昔から心身リフレッシュの目的で実践されており、世界各地で健康法として用いられ、さらには医療機関での治療方法の1つとしても用いられています。

 

断食(ファスティング)は、万病を治す一番安価で簡単な方法と言われています。昔は、風邪などで寝込むと、親に「食べて栄養を摂らないと治らないよ!」と言われた記憶があると思いますが、それは大きな間違いです…。病気になったとしても「食べない、動かない、とにかく寝る」の実践で、免疫力が増強して病気をやっつけてくれるのです。

 

断食の最も大きな効果は「排毒」です。宿便や体内脂肪、重金属類など、体内に溜まった余計なものを排出し、代謝を上げることで身体を正常な方向へと導きます。1週間続けると自分からもの凄い汚臭がしてくる、という話もあります。

 

断食にも色々と種類があります。本格的な断食は水断食で、水分と塩分の補給のみで行ないます。その他、野菜ジュースや酵素ジュースなど必要な栄養だけ摂りながら断食する方法もあります。

 

本格的な水断食は、1日であってもしっかり準備してから行なってください。断食で思わぬところが炎症を起こしたりして、胃痛やアレルギーなどのトラブルが発生することもあります。また、長期の時は、最初は必ずファスティングマイスターなどと相談しながら行うか、専門の施設で行うと良いでしょう。

 

私の場合は1日1食ですので、毎日がプチ断食のようになります。始めた最初の頃は、夕方頃に指先がプルプルすることがあり、低血糖症状のようになったことがありました。そこから、仕事中に少しだけ果物摂取⇒アーモンド数粒に変更⇒何も無し、という形で身体を慣らしていきました。温かいお茶だけはガブガブ飲んで、ミネラルを補給しています。元々痩せているタイプですが、1日1食開始半年で5キロほど痩せ、「ヤバいかな?」と思いましたが、その後は減少が止まり、現在では開始時より4キロ少ないくらいで体重は推移しています。

1番のおススメは、手軽にできる週末の1日断食です。土日休みであれば、土曜日に行うと良いでしょう。いきなり水断食から始めるのではなく、徐々に体を慣らして行ってください。金曜の夕食は少なめ、かつ動物性食品を避け、断食明けの日曜の朝はおかゆに梅干し程度が良いと思います。いずれも良く噛むことを心がけてください。

月に1回でもとても効果的ですので、スケジューリングをして是非行ってみてください。

令和は、月に1度の1日断食で免疫アップして健康に!