突発性難聴 ~耳閉感、聞こえづらさ

疲労やストレスを溜めると、耳鳴りやめまいの症状が出る方は非常に多いです。

しかし、それを放って置くと、難聴に進行する方もいらっしゃいます。

難聴は早い段階で治療しないと、そのまま治らないケースもありますので、早めの対処が必要です。

 

耳鳴りや難聴は、耳の奥の内耳の循環障害のことが多く、耳鼻科も手を焼く症状です。

ウィルスや血圧異常でも起こりますが、壮年の方の原因はほとんどが 過労、ストレスです。

突発性難聴で来院される方のほとんどは、首や肩が凝っています。肩こりは万病の元、内耳への血液循環が悪くなるのでしょう。

特に後頭部の首と頭の境目、肩の真上ラインからやや鎖骨側、肩甲骨の内側の骨際のコリがひどいように思います。

 

治療の基本は鍼灸と指圧になります。

指圧は丹念に上述したポイントを探りながらほぐしていきます。

 

鍼灸のポイントになるのは、めまいで使用する「外関」。外関は手首の甲側中心の曲げるとシワができる所から身体に向かって指2~3本分の痛い所です。

もう1本とは、耳の下の「翳風」です。耳たぶの後ろの後頭部の骨際です。

そして耳の後ろの「頭竅陰」と耳の上の「角孫」も重要です。

頭竅陰は、親指と人差し指で耳を上下に挟み、一番後ろに尖った所が当たった所。

角孫は、人差し指で耳を餃子のように裏から縦折りにして、一番上の尖った所が当たった所です。

症状がある方は、押すとズ~ンと痛む感じがあります。

突発性難聴は治療期間がかかることもあるので、日常生活でもしっかり入浴したり、軽く運動したりして、焦らず前向きに向き合うことも大事です。

そして何より、オーバーワークをやめ、ストレスから解放されることが最優先です。

日頃のメンテナンスが大事ですので、体調は常に整えておきましょう。