めまい

ストレスが高く、肩こりがある方には、「めまい」もとても多い症状です。
ほとんどの方は、病院に行っても原因が分からないと言われ、途方に暮れて来院されます。
めまいにも種類が結構あり、起立性低血圧(立ちくらみ)以外の問題では、耳や脳の問題がほとんどとなっています。
耳鳴りや難聴、耳閉感を伴うものもあります。
めまいで病院に行くと、「メニエール氏病」と診断されるケースがあります。この病気は耳鳴りを併発します。

 

 

耳の奥の三半規管の中は、リンパ液で満たされていますが、そのリンパの異常がめまいの原因だと言われることが多くあります。
ただ原因はハッキリしていないので、病院でも「ストレス」で片づけられ、一応薬を出されて経過観察、となってしまいます。

 

リンパの問題では、代謝が悪くてリンパが滞り足が浮腫むように、耳の奥の内耳にも疲労からくるリンパ異常が起き、めまいが起こると思われます。
また、最近増えてきているのが、「発作性頭位変換性めまい」です。
頭を動かすと、回転性のめまいが起こるタイプです。

多くは疲労やストレスが原因と言われ、めまいが起こる動作を繰り返すことで良くなったりします。

 

耳の奥の「耳石」のはまりが悪くて起こるめまい、特にフワフワしたような感じになるめまいもあります。
めまいの専門的な病院では、耳石体操を教えてくれるところもあります(横になって耳石を正常な位置にする運動)。
また、急激なめまいでは「前庭神経炎」も考えられますので、独断しないように気を付けましょう。

 

 

東洋医学では、めまいの原因は「血虚」・「水滞」となります。

 

経絡的には「肝」「腎」の乱れと言えます。水滞タイプでは「脾」も診ます。

 

 

ケース(1)

以前に疲労の蓄積からの免疫低下で、何回か治療に来られた女性。

その後調子も良く、ヨガもできるようになったので安心していたところに・・・突然のめまいで倒れ、救急車を呼んだとの事。ただ、病院では異常がなく経過観察…。

これがいわゆる「原因の分からないめまい」です。

でも東洋医学では原因不明は関係ありません、身体に聞きます。

脈は「肝虚」。見た目、少しのぼせる感じもあり下が冷えている感じ。

本人曰く「湿気があると調子悪い」とのこと。
めまいが心配で休みにも外に出かけられない・・・と落ち込んでいます。

初回なので、自律神経を中心にめまいのツボにも施灸。
しかしめまいのツボの反応は良く、対症療法の鍼灸は効かない感じでした。

指圧は首周りの血流を良くすることと、「心地良い」と脳に思わせることに集中。

・・・・・

10日後に再来院。

前回からめまいはおきていないとの事。
昔から胃の調子が悪いが、最近また出てきているので「そちらも治療してください」と言われる。

前回の治療が良かったので、大まかな方針は同様として施術。
お灸は自律神経と共に、胃の灸も追加。

その後のマッサージで、背中を押している途中で「足が冷えてきた」と言われる。

エアコンの風は当たらないようにしていたが、毛布を足にかけて施術続行。

ほどなくして、「胃が圧迫されて少しムカムカします」と言われたので、仰向けに体位変換。うつ伏せで胃を圧迫し過ぎたか・・・と思い、仰向けで胃の治療に変更する。

仰向けで、胃のマッサージも含め施術し何とかスッキリして終了。

しかし、この方のケース…… 冷え ⇒ 胃 ⇒ めまい となるのでは?

と思いその旨を伝えると、本人も冷えると胃にくることが多いと思い当たる模様。

・・・ということは、西洋医学的には、足の冷えからくる自律神経の乱れによる「めまい」ということになります。

 

近年は、時季によっては猛暑が続き、エアコンもフル回転させることも多いです。

冷えは、冬よりも夏の方が深刻です。

また、身体の調子が良いのを過信すると、メンテナンスせず放って置く方も多くいます。

しっかりと自分なりのメンテナンス法を確立して、身体を整えて免疫力が下がらない様にしておきましょう。