妊娠していることが分かったらやるべきこと7選

ご懐妊おめでとうございます!


妊娠中は何が起こるか分かりません。
無事に元気な赤ちゃんを産むために、以下7項目を是非実践しましょう!

 

①冷やさない

 

妊娠中は絶対に身体を冷やさないことが大事です。東洋医学的には逆子の原因も「冷え」です。

「逆子になったら」


・常に腹巻をする、夏でもエアコンの中では靴下をはく
・冷たいものを食べない(故意に冷やしたもの)
・おへその下や腰の下の仙骨部にカイロを貼る(夏もエアコンの冷えがあるので貼る)
・アルコールやタバコは厳禁、精製糖(白砂糖)も体を冷やすので控える
・お腹を冷やすことは子宮を冷やすことと考え行動する

 

②重い物を持たない

 

重たいものは持たないようにしましょう(気張る動作をしない)。自転車には乗らないようにし、家事も手伝ってもらいましょう。

ストレスは赤ちゃんに伝わるので上手に発散してください。

 

切迫早産などの原因ともなるので、気を付けましょう。

 

③トイレは我慢しない

 

トイレは我慢せずすぐに行きます。特に外出時のビデは使用しないでください。便秘になりやすくなるので、根菜類や自然塩(にがり)を上手に摂るようにします。

妊娠中は免疫力が下がるので、温泉・スパ・銭湯には行かないほうが良いです。


免疫力が低下していると細菌に感染しやすくなります。リスクはなるべく避けましょう。

便秘で踏ん張ると切迫早産になるおそれもあるので、お通じには気を配るよう心がけましょう。

 

④話しかける

 

胎盤ができる前でも、赤ちゃんにいっぱい話かけるようにしましょう。とにかく「ありがとう」と感謝しながら、優しくトントンしながら子守歌を歌ってください。赤ちゃんにとっては、クラシック音楽よりお母さんの声が一番の癒しです!

感謝の言葉は誰にとっても最強です!夫婦そろって感謝しましょう!

 

⑤甘いものを控える

 

甘味料や乳製品を避けるようにしましょう。

特に生の牛乳やアイス、甘いお菓子やケーキなど精製された白砂糖は避けてください。人工甘味料、うまみ調味料も奇形報告があるので摂らないようにします。

精製糖や人工甘味料などは元々この世には存在していないものです。慢性病の元とも言われますので、出産後も避けたほうがよい食品です。

 

 

⑥電磁波を避ける

 

電磁波は極力避けます。ホットカーペットとIHクッキングは使用しないようにし、電子レンジ使用時には離れるようにします。

スマホを置く場所、見る時間も考えましょう。特に5Gは要注意です!

ヨーロッパでは、幼稚園の周りに電波塔を建てないなど電磁波に関する規制があり、その危険性が認知されています。その反面、日本では野放し状態です。最近は高層階マンションでの母子への影響も言われていますので、しっかり考えて対策をとりましょう。

リニア新幹線ができても絶対に乗れません…。

 

⑦薬は飲まない

 

クスリはリスク、もちろん飲んではいけません。これは皆さん認知されているようです。どうしてもという場合は、専門医か経験豊富な薬剤師さんに聞きましょう。

 

 

もちろん、全てを守ったからと言って絶対に流産しないというわけではありません。しかし、後々後悔しないためにもやれる事は全部やりましょう。

食生活における今までの常識を捨て、赤ちゃんために行動してください。ご主人にも手伝ってもらい、ストレスを溜めないよう心がけましょう!