逆子

逆子

 

鍼灸院 で意外に需要が多いのが「逆子」です。

逆子で妊娠30週くらいを超えると、産婦人科の先生が「お灸もいいかもよ~」と言って勧められたりするらしいのですが・・・

勧めるならもっと早く言って欲しい・・・なぜなら、逆子は30週未満であれば、1~2回の施灸で治る確率が高いからです。

私の治療成功例では最高37週まであります…これはほとんど奇跡ですが。

32週を超えるとかなりキツくなってきます。単純に赤ちゃんの動くスペースがなくなってくるからです。

赤ちゃんが返りやすい条件

 

◆初産ではない
◆お母さん(母体)の体格が大きい
◆張りなどなく、体操できる余裕がある

などです。

治療例

 

ここでは治らなかった、もしくは苦労した例を敢えてご紹介します。

 

ケース 1  最後まで

 

中肉中背の女性、初産。無痛分娩希望。
32週で来院。病院では逆子体操をすすめられている。

通常通り、脈診による経絡治療と「至陰」穴への施灸で様子見。
熱さをあまり感じないので、身体の芯の冷えはある模様。

週に1回の来院(ホントはもっと来て欲しいところでした)。
三陰交も増やして施灸。

35週時にかねてからの予定通り、通院している産科で外回転術をうけるも、痛いだけで返らず…。しかも麻酔なしで!

げっそりして再び来院。壮数を増やして施灸も…返らず…。

37週で計画分娩、帝王切開へ。無痛希望なのに・・・。

その後、元気な赤ちゃんの写真がメールで送られてきましたが、産婦人科でも、お腹を開けてみても原因が分からなかった、とのこと。

よっぽど赤ちゃんが逆の位置が居心地良かったのでしょうか…。

ケース 2  何とか・・・

 

やや小柄な女性、初産。28週で来院。
問題は、最初からず~っと逆子ということ。
う~ん、怖い! 表情には出しませんが・・・。

本人はさほど気にしてもない様子。
経絡治療と至陰のお灸から開始。
元々冷え症で、末端は常に冷たいとのこと。

28、29週と1回ずつ。
30週からは週2回の施術。

8回目位の時には「冷え症が治ってきました」というコメント。
ある意味、それも凄いことなのですが…。しかしまだ返らず。

ところが、そろそろ帝王切開の日程を決める頃の34週目の検診後に、「かえってました!」との連絡が!

何はともあれ、よかった!!

 

ケース 3  2回も!

 

やや小柄、2回目の出産。初産時は特に問題なし。

28週で逆子と言われ30週で来院。
切迫になりかけたので、逆子体操をするとお腹が張るとのこと。

少し自宅が遠いので、ツボにマークして自宅でも施灸をしてもらうことに。

治療院で3回施灸した後の検診で、無事返ったとのこと・・・
しかし!次の検診でまたもや逆子に!! この時点で33週。

逆子になったいうことはまだ動くスペースがある、ということを信じてひたすら施灸。

そして、また3回施灸した後の検診で「治った!」との報告が。
この検診が36週でした。

2人目の36週での「返り」でした。

 

最後の最後まで赤ちゃんを信じて諦めないことも大切です!!